月15万円の「アルバイト俳優」だった私が「ビジネス俳優」になった兼業向けbusinessサイト

「辛い思いまでして俳優になりたくなかった」アルバイト俳優でバカな私が 3つのアルバイトを全て辞め、俳優活動を休止してまで「ビジネス俳優」になった 俳優専門副業サイト

人生を変えるのは難しくない! 今の現状を変えたければ「終わりを意識する」。

f:id:tobi-1002:20190611210517p:plain

 


↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

どうも、とびーです!

 

 

あなたは「人生を変えたい」と思ったことはありますか?

 

誰だって一度はあると思います。

 

 

でも変わらないから困っているんです、というのがほとんどでしょう。

 

変わらないことに悩んでまた時間が過ぎていく・・・。

 

 

それでは、「人生で一番大事なことは何なのか」

 

このことについて考えたことがありますか?

 

と聞くと、即答できる人はグッと減ることでしょう。

 

 

今回は一種の自分自身への戒めの意味も込めて書いていきましょう。

 

 

私が人生で最も大事だと思うのは、

 

『終わりを意識する』

 

これに尽きます。

f:id:tobi-1002:20181207052417j:plain

 

 

出来ればあまり考えたくないことかもしれませんが、

 

あなたの人生には必ず終わりが来ます。

 

 

もっと突っ込んで言うと、

 

あなたの人生は「期限付き」で与えられたものなのです。

 

 

これは泣こうがわめこうが、神にも仏にも祈ろうが

 

絶対に覆せない事実です。

 

 

でも私もあなたも含めて、この日本に住んでいる多くの人々は、

 

この事実からなるべく目を背けて生きています。

 

当たり前ですよね。

 

「終わり」とはいったいどんな形でやってくるものなのか。

「終わり」とはいつやってくるものなのか。

「終わり」とはだれがもたらすものなのか。

 

 

こんな誰もがわからない内容のことを意識しろと言ったって

 

不安になって夜も眠れなくなってしまいそうです。

 

また、基本的に衣食住がきちんと保証されている日本に住んでいれば、

 

「終わり」があることは知ってはいても、意識しないで生きていられます。

 

 

ただ、漫然と『いつか』訪れる「終わり」をただ待ち続けるだけです。

 

 

ではなぜ、「終わりを意識すること」が大事なのでしょうか。

 

「意識しなくても生きていけるなら、別にいいじゃない」

 

実はこれ、

 

とても恐ろしいことなのです。

 

 

わかりやすくするために具体的な例を挙げて説明しましょう。

 

あなたは21歳です。

 

違うって?いやいやとりあえずそういうことにして考えてください。

 

これまでの人生を振り返ってみれば、21年間すべて人の言ったことに

 

素直に従って生きています。

 

偏差値の高い高校に行けといわれて高校受験を踏ん張り、いいとこの大学を出ろと言われて大学受験で歯を食いしばり、就職して安定した収入を得ろと言われて、

 

やりたくもない就活に向けて準備する。

f:id:tobi-1002:20181207045954j:plain

 

 

何だかよくわからないけど親も教師もそう言うし、

 

周りもやっているからそうしたほうがいいだと。

 

素直であることは素晴らしいです。

 

でも使いどころを誤ると悲惨な結果が待っています。

 

 

就活も無事に終わり、ある企業に就職したとしましょう。

 

親はほめてくれるかもしれません。

 

周りと同じように就職できたことに安心もするでしょう。

 

で、どうなるか。

 

ここで誤解を解いておかなければならないのは、親や周りの人間はもちろん、

 

会社ですらあなたの面倒を一生見ることは絶対にありません。

 

 

定年を基準に考えれば、今なら60歳。

 

近年の制度変更の流れを鑑みれば、70歳くらいにはなっているでしょう。

 

そして、同時に日本人の寿命も100歳が当たり前になってくる時代もやってきます。

 

さて、70歳で定年退職してその後に残されたのは30年間の余生。

 

そこであなたは呆然とするでしょう。

 

「私は何のために生きればいいんだ。」

 

今までなら、小学・中学・高校・大学・会社と

 

周りに合わせていれば「生きて」はこれました。

 

 

しかし最後の会社から抜けてしまうと、

 

そのままのあなたのまま社会にほっぽりだされてしまうのです。

f:id:tobi-1002:20181206052803p:plain

 

 

もちろんこの間に何かしらのイベントはあるかもしれません。

 

結婚、出産、子育て

 

女性と一緒になるならこういったことも喜びとしてあるでしょう。

 

 

でも、それであなたは

 

自分自身の人生を満足なものと思うことはできますか?

 

 

現実として、私は難しいと思います。

 

だって毎朝満員電車ですし詰めにされているサラリーマンの顔を思い出してください。

 

就職した後に何が待っているかはわからなくとも、幸せならあんな顔はしないということくらいはお分かりでしょう?

 

 

あの顔が、

 

人の一生のうちに一番活動しやすい日中をつぎ込んで得た結果を如実に表しています。

 

 

私はこう感じることでしょう。

 

「どうしてこうなった」

 

 

人はこういう時に「人生を変えたい」と思います。

 

 

現在のどん詰まりの状況を打破し、新しい過ごし方をしたい、と

 

でもほとんどの方はできません。

 

なぜって?

「人生に終わりがあることを意識しない」からです。

 

 

何度も言いますが、あなたの人生は有限で何物にも代えることはできません。

 

言ってみれば、あなたにとって一番価値が高いものです。

 

それがどこか「終わりのないもの」と錯覚して毎日を生きてしまうと、

 

自分の人生、そして今という時間の価値の認識がどんどん下がっていくのです。

 

 

だから自分の人生を「変えようと」しない。

 

言っておきますが、人生は「変わる」ものではありません。「変えるもの」です。

 

 

現状維持で何とか生きていけてるから「変わらなくていい。」と考える。

 

周りも同じことをしているから「変わらなくていい。」と考える。

 

自分の人生の価値を軽んじてしまっているから「変わらなくていい。」と考える。

 

 

読んでいてあほらしいとは思いません?

 

 

しかもこの生き方が一般常識が勧めるものですよ。

 

こんな人を馬鹿にした話はありません。

 

 

あなたの人生はあなただけのものです!

 

他の誰のものでもなく、かけがえのないものです!

 

 

私がこのことに気づき、そして自分でこの道を選択したのはまさに、

 

「人生の終わり」を意識したからでした。

 

 

「終わりがあるからこそ価値がある。」

「価値がある人生を無駄にはしたくない。」

「まして満員電車のサラリーマンのような顔で過ごす人生は送りたくない。」

 

 

私がネットビジネスなんていう、

 

最初に聞けば怪しいよくわからない道を選択したのは、こういったことが理由でした。

 

 

・人生を変えるのはあなたができること

f:id:tobi-1002:20181113210009j:plain

 

 

因果応報という言葉は知っていますよね。

 

今は悪い意味の時に使われることが多いのですが、

 

本来はいい意味でも使われます。

 

 

意味は『原因に応じた結果が報いる』です。

 

今風に言うと、結果には必ず原因があるのだ。と

 

 

つまり、「人生が変わるという結果」を生じさせるには

 

必ずそれに応じた「原因」を作らなければなりません。

 

 

その原因は誰かが持ってくることはありません。

 

あなた自身が作り出すものです。

f:id:tobi-1002:20190323225603j:plain

 

 

つまり「行動すること」です。

 

「なにか行動をおこした」という原因を作っておけば、

 

それがあなたの人生に「変化」という形で結果がもたらされるのです。

 

行動するのが怖い?

 

それはまだあなたが自分自身の人生の価値に気づいていない証拠です。

 

 

それに気づいてもらうために

 

私は「人生には終わりがある」という最初の問いをしたのです。

 

 

失敗したって知ったこっちゃありません。

 

成功した人間は今までたくさんの失敗を重ねてきています。

 

 

とにかく動き続ける、「原因」を作り続ければ

 

あなたの人生は必ず変わります。

 

 

深く考えなくてもいいんです。

 

考える事は原因を作りませんが、

 

行動することは原因を作ります。

 

 

とにかく動いて「原因」を量産しましょう。

 

 

・まとめ

 

 

私は人生で最も大事なことは『終わり』を意識しておくことだと思っています。

 

 

『終わり』を見据えていれば決断が鈍ることはありません。

 

 

なぜなら、悩んでいるのがもったいないから。

 

 

限りある人生、限りある時間を使って「悩む」というなんの意味もないことをするよりかは、

 

とっとと動いてしまったほうがいいのです。

 

ダメだったら別の方法を試せばいい。

 

 

「人生を変える」という『結果』を得るには、

 

「とにかく動く」という『原因』を作り続けること。

 

案外、ひょんなことから変わっていったりするものですよ。

 

 

また僕のLINE@では、記事ネタやブログでのテクニックなど、

 

今回の記事以外での質問やご相談を募集しています^^

 

是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 こちらLINEの登録になります!

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

 

f:id:tobi-1002:20190303042214p:plain

「記事が書けない」と悩むあなたへ。スラスラと文章が書けるための6つのステップ

f:id:tobi-1002:20190609003713j:plain

 


↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

ども、とびーです

 

 

あなたはブログ記事がなかなか書けずに悩んでいませんか?

 

 

「今日こそ○記事書こう!」

 

 

そう思ってパソコンの前に向かっても、どうしても手が止まってしまったり、書きたいことがなくなってしまって、

 

結局かけずに諦めてしまったりすることがあります。

 

 

いいアイディアや、書きたい内容は思い浮かんでも、それを文章にするのって、

 

意外と難しいですよね。

 

 

情報発信の重要性が高まる今の社会。

 

 

思っていることを文章にし、

 

正しく伝える技術が求められています。

 

 

経験したことや、持っている知識を文章にし、発信することは自分の考えを整理するのに役立ちますし、

 

人にとって大きな価値を与えるものになります。

 

 

逆に、これだけの情報社会になっているのに、

 

特別な経験や知識を情報として残せないのは大きな損失といえます。

 

 

今回はそんな、「記事が書けない」と悩むあなたに向けて、

 

伝えたいことを記事に残すために役立つ方法をお伝えします。

 

 

・伝えたいメッセージを文章化するシステム

f:id:tobi-1002:20190315155634j:plain

 

 

いざ文章を書こうと思ったとき、

 

意外と難しいと感じたことは誰しもがあると思います。

 

 

今回はそんなあなたのために、記事を書くプロセスを分かりやすく理解するために、

 

6つのステップにしたのでぜひ活用してみてください。

 

1、コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う

2、マインドマップでキーワードを洗い出す

3、キーワードをグルーピングして整理

4、アウトラインの作成をして伝える順番を考える

5、ノンストップ・ライティングでとにかく書く

6、アウトラインの見直し

 

 

・①コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う

 

まず、書く目的や情報整理を行うことで、

 

伝えるべきテーマを明確化します。

 

その際に有効なのが、

 

「コンテンツキャンパス」です。

 

 

 

コンテンツキャンパスでターゲットや伝えたいポイント、読者のネクストアクションなどを整理することで、

 

伝えるテーマの輪郭が浮き彫りになっていきます。

 

 

・②「マインドアップ」で自身の関心テーマを可視化する

 

 

 

文章にする目的や情報が整理されれば、

 

発信したいテーマに関する周辺情報をあらいだしアウトラインの制作を行います。

 

 

その際は、自身が発信したいことは何かを可視化することで、

 

書くべきことを整理します。

 

 

頭の中にぼんやりとある伝えたいことを整理するために有効なツールが

 

マインドマップです。

 

 

マインドマップは中心に主題となるテーマを描き、それに関連する情報を描き出して、

 

考えていることの全体像を把握しやすく言葉と言葉の関係も把握しやすい方法です。

 

 

脳内の情報をすべて書き出すようなイメージで、

 

頭に思い付いた言葉を書き出していきます。

 

 

紙やノートに書き出してもいいですが、

 

アプリなどもあるので、有効に活用していきましょう。

 

 

・③出てきたテーマをグルーピングし、具体的な企画案を落とし込む

 

 

できたマインドマップを見てみると、

 

様々なキーワードが出されていると思います。

 

 

連想ゲームのように思いついたキーワードを書いていくとその幅が広がりやすくなります。

 

 

マインドマップを具体的なコンテンツ企画に落とし込むためには、

 

収束させる必要があります。

 

 

そのために、

 

キーワードを共通項でまとめていくことをしていきます。

 

 

KJ法」と呼ばれる発想法では、意味や文脈が近いキーワードをまとめていき、

 

小さくまとめてそのグループの名前などを考えていきます。

 

 

そして次に小グループの中で近いものをまとめていって、

 

グループに名前を付けていきます。

 

 

こうしてグルーピングしていくことで、

 

発信したいテーマの中で言及すべきことが整理されます。

 

 

・④「人に話して説明する」イメージで、記事のアウトラインを作成する

 

グルーピングが完了したら、

 

次はアウトラインを作成します。

 

 

アウトラインとは、

 

文章における骨子や構成案となるものです。

 

 

アウトラインの作成時には、

 

「何を書こうとしているのか」を考え、

 

グルーピングした情報をどの順番で伝えるのかを考えます。

 

 

普段の会話の時のように、人に何かを話して説明するときのことをイメージすると、

 

アウトラインを作成しやすいと思います。

 

 

実際に作ったアウトラインを、友人や家族などに伝えて、

 

相手が理解してくれているかを確かめることも有効です。

 

 

もし、伝わりづらいポイントがあれば、

 

よりわかりやすくなるようにアウトラインの修正を行います。

 

 

・⑤「書く」ことのハードルを下げて、まずは書く

 

 

アウトラインを作ったら、

 

次は、「書く」ステップです。

 

 

普段から文章を書いていない人にとって、書くための準備も大切ですが、

 

「書くことのハードルを下げる」ことも大事です。

 

 

そのために有効なのが、

 

「ノンストップ・ライティング」です。

 

とにかく書き続け、書くことが思い浮かばない時ですら、「書くことがない」と記述する、

 

頭に思い浮かぶことをとにかく書き出すことでアイデアをひねり出す方法です。

 

 

書くときに悩んでしまうと、つい筆が止まり、

 

記事を書き上げることが難しくなります。

 

 

まずは書いていくために、「30分間は書き続ける」と決め、

 

作成したアウトラインに沿って文章をひたすら書いてみましょう。

 

 

・⑥文章を書きかげた後、文章のブラッシュアップを行う

 

 

下記の5つのステップを参考に、

 

ブラッシュアップしてみてください。

 

 

削る・・・記事の文字数に合わせて、使わなそうな部分を削る

選ぶ・・・削って残った文章から「ここは絶対に使う!」という部分を選んで抜き出す

並べる・・・選んだ文章を読みやすくなるように並べ替える

繋げる・・・文章としてつながるように、必要な表現を加筆する

整える・・・目安の文字数に収まるように最終調整する

 

 

繰り返し読みながら、

 

文書をブラッシュアップします。

 

読み直す際は少し時間を置いたり、PCで書いた場合は、スマホで文章をチェックしたりすると、

 

文章の誤りに気づきやすくなります。

 

 

・まとめ

 

 

今回は、「伝えたいテーマ」を文章化するための、

 

6つのステップを紹介しました。

 

 

「記事を書く」と考えると、

 

ついハードルが高く設定してしまいがちです。

 

 

文章を作成するプロセスを細かく分解していくと、

 

書くことのハードルを下げられます。

 

 

書いて伝えたいテーマがあるという方は、

 

ぜひ今回の方法を試してみてください。

 

 

また僕のLINE@では、記事ネタやブログでのテクニックなど、

 

今回の記事以外での質問やご相談を募集しています^^

 

是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 こちらLINEの登録になります!

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

 

f:id:tobi-1002:20190303042214p:plain


 

 

f:id:tobi-1002:20190715184330p:plain

「記事が書けない」と悩むあなたへ。スラスラと文章が書けるための6つのステップ

f:id:tobi-1002:20190609003713j:plain

 


↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

ども、とびーです

 

 

あなたはブログ記事がなかなか書けずに悩んでいませんか?

 

 

「今日こそ○記事書こう!」

 

 

そう思ってパソコンの前に向かっても、どうしても手が止まってしまったり、書きたいことがなくなってしまって、

 

結局かけずに諦めてしまったりすることがあります。

 

 

いいアイディアや、書きたい内容は思い浮かんでも、それを文章にするのって、

 

意外と難しいですよね。

 

 

情報発信の重要性が高まる今の社会。

 

 

思っていることを文章にし、

 

正しく伝える技術が求められています。

 

 

経験したことや、持っている知識を文章にし、発信することは自分の考えを整理するのに役立ちますし、

 

人にとって大きな価値を与えるものになります。

 

 

逆に、これだけの情報社会になっているのに、

 

特別な経験や知識を情報として残せないのは大きな損失といえます。

 

 

今回はそんな、「記事が書けない」と悩むあなたに向けて、

 

伝えたいことを記事に残すために役立つ方法をお伝えします。

 

 

・伝えたいメッセージを文章化するシステム

f:id:tobi-1002:20190315155634j:plain

 

 

いざ文章を書こうと思ったとき、

 

意外と難しいと感じたことは誰しもがあると思います。

 

 

今回はそんなあなたのために、記事を書くプロセスを分かりやすく理解するために、

 

6つのステップにしたのでぜひ活用してみてください。

 

1、コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う

2、マインドマップでキーワードを洗い出す

3、キーワードをグルーピングして整理

4、アウトラインの作成をして伝える順番を考える

5、ノンストップ・ライティングでとにかく書く

6、アウトラインの見直し

 

 

・①コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う

 

まず、書く目的や情報整理を行うことで、

 

伝えるべきテーマを明確化します。

 

その際に有効なのが、

 

「コンテンツキャンパス」です。

 

 

 

コンテンツキャンパスでターゲットや伝えたいポイント、読者のネクストアクションなどを整理することで、

 

伝えるテーマの輪郭が浮き彫りになっていきます。

 

 

・②「マインドアップ」で自身の関心テーマを可視化する

 

 

 

文章にする目的や情報が整理されれば、

 

発信したいテーマに関する周辺情報をあらいだしアウトラインの制作を行います。

 

 

その際は、自身が発信したいことは何かを可視化することで、

 

書くべきことを整理します。

 

 

頭の中にぼんやりとある伝えたいことを整理するために有効なツールが

 

マインドマップです。

 

 

マインドマップは中心に主題となるテーマを描き、それに関連する情報を描き出して、

 

考えていることの全体像を把握しやすく言葉と言葉の関係も把握しやすい方法です。

 

 

脳内の情報をすべて書き出すようなイメージで、

 

頭に思い付いた言葉を書き出していきます。

 

 

紙やノートに書き出してもいいですが、

 

アプリなどもあるので、有効に活用していきましょう。

 

 

・③出てきたテーマをグルーピングし、具体的な企画案を落とし込む

 

 

できたマインドマップを見てみると、

 

様々なキーワードが出されていると思います。

 

 

連想ゲームのように思いついたキーワードを書いていくとその幅が広がりやすくなります。

 

 

マインドマップを具体的なコンテンツ企画に落とし込むためには、

 

収束させる必要があります。

 

 

そのために、

 

キーワードを共通項でまとめていくことをしていきます。

 

 

KJ法」と呼ばれる発想法では、意味や文脈が近いキーワードをまとめていき、

 

小さくまとめてそのグループの名前などを考えていきます。

 

 

そして次に小グループの中で近いものをまとめていって、

 

グループに名前を付けていきます。

 

 

こうしてグルーピングしていくことで、

 

発信したいテーマの中で言及すべきことが整理されます。

 

 

・④「人に話して説明する」イメージで、記事のアウトラインを作成する

 

グルーピングが完了したら、

 

次はアウトラインを作成します。

 

 

アウトラインとは、

 

文章における骨子や構成案となるものです。

 

 

アウトラインの作成時には、

 

「何を書こうとしているのか」を考え、

 

グルーピングした情報をどの順番で伝えるのかを考えます。

 

 

普段の会話の時のように、人に何かを話して説明するときのことをイメージすると、

 

アウトラインを作成しやすいと思います。

 

 

実際に作ったアウトラインを、友人や家族などに伝えて、

 

相手が理解してくれているかを確かめることも有効です。

 

 

もし、伝わりづらいポイントがあれば、

 

よりわかりやすくなるようにアウトラインの修正を行います。

 

 

・⑤「書く」ことのハードルを下げて、まずは書く

 

 

アウトラインを作ったら、

 

次は、「書く」ステップです。

 

 

普段から文章を書いていない人にとって、書くための準備も大切ですが、

 

「書くことのハードルを下げる」ことも大事です。

 

 

そのために有効なのが、

 

「ノンストップ・ライティング」です。

 

とにかく書き続け、書くことが思い浮かばない時ですら、「書くことがない」と記述する、

 

頭に思い浮かぶことをとにかく書き出すことでアイデアをひねり出す方法です。

 

 

書くときに悩んでしまうと、つい筆が止まり、

 

記事を書き上げることが難しくなります。

 

 

まずは書いていくために、「30分間は書き続ける」と決め、

 

作成したアウトラインに沿って文章をひたすら書いてみましょう。

 

 

・⑥文章を書きかげた後、文章のブラッシュアップを行う

 

 

下記の5つのステップを参考に、

 

ブラッシュアップしてみてください。

 

 

削る・・・記事の文字数に合わせて、使わなそうな部分を削る

選ぶ・・・削って残った文章から「ここは絶対に使う!」という部分を選んで抜き出す

並べる・・・選んだ文章を読みやすくなるように並べ替える

繋げる・・・文章としてつながるように、必要な表現を加筆する

整える・・・目安の文字数に収まるように最終調整する

 

 

繰り返し読みながら、

 

文書をブラッシュアップします。

 

読み直す際は少し時間を置いたり、PCで書いた場合は、スマホで文章をチェックしたりすると、

 

文章の誤りに気づきやすくなります。

 

 

・まとめ

 

 

今回は、「伝えたいテーマ」を文章化するための、

 

6つのステップを紹介しました。

 

 

「記事を書く」と考えると、

 

ついハードルが高く設定してしまいがちです。

 

 

文章を作成するプロセスを細かく分解していくと、

 

書くことのハードルを下げられます。

 

 

書いて伝えたいテーマがあるという方は、

 

ぜひ今回の方法を試してみてください。

 

 

また僕のLINE@では、記事ネタやブログでのテクニックなど、

 

今回の記事以外での質問やご相談を募集しています^^

 

是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 こちらLINEの登録になります!

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

 

f:id:tobi-1002:20190303042214p:plain


 

 

f:id:tobi-1002:20190715184330p:plain

「記事が書けない」と悩むあなたへ。スラスラと文章が書けるための6つのステップ

f:id:tobi-1002:20190609003713j:plain

 


↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

ども、とびーです

 

 

あなたはブログ記事がなかなか書けずに悩んでいませんか?

 

 

「今日こそ○記事書こう!」

 

 

そう思ってパソコンの前に向かっても、どうしても手が止まってしまったり、書きたいことがなくなってしまって、

 

結局かけずに諦めてしまったりすることがあります。

 

 

いいアイディアや、書きたい内容は思い浮かんでも、それを文章にするのって、

 

意外と難しいですよね。

 

 

情報発信の重要性が高まる今の社会。

 

 

思っていることを文章にし、

 

正しく伝える技術が求められています。

 

 

経験したことや、持っている知識を文章にし、発信することは自分の考えを整理するのに役立ちますし、

 

人にとって大きな価値を与えるものになります。

 

 

逆に、これだけの情報社会になっているのに、

 

特別な経験や知識を情報として残せないのは大きな損失といえます。

 

 

今回はそんな、「記事が書けない」と悩むあなたに向けて、

 

伝えたいことを記事に残すために役立つ方法をお伝えします。

 

 

・伝えたいメッセージを文章化するシステム

f:id:tobi-1002:20190315155634j:plain

 

 

いざ文章を書こうと思ったとき、

 

意外と難しいと感じたことは誰しもがあると思います。

 

 

今回はそんなあなたのために、記事を書くプロセスを分かりやすく理解するために、

 

6つのステップにしたのでぜひ活用してみてください。

 

1、コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う

2、マインドマップでキーワードを洗い出す

3、キーワードをグルーピングして整理

4、アウトラインの作成をして伝える順番を考える

5、ノンストップ・ライティングでとにかく書く

6、アウトラインの見直し

 

 

・①コンテンツキャンパスで書く目的や情報の整理を行う

 

まず、書く目的や情報整理を行うことで、

 

伝えるべきテーマを明確化します。

 

その際に有効なのが、

 

「コンテンツキャンパス」です。

 

 

 

コンテンツキャンパスでターゲットや伝えたいポイント、読者のネクストアクションなどを整理することで、

 

伝えるテーマの輪郭が浮き彫りになっていきます。

 

 

・②「マインドアップ」で自身の関心テーマを可視化する

 

 

 

文章にする目的や情報が整理されれば、

 

発信したいテーマに関する周辺情報をあらいだしアウトラインの制作を行います。

 

 

その際は、自身が発信したいことは何かを可視化することで、

 

書くべきことを整理します。

 

 

頭の中にぼんやりとある伝えたいことを整理するために有効なツールが

 

マインドマップです。

 

 

マインドマップは中心に主題となるテーマを描き、それに関連する情報を描き出して、

 

考えていることの全体像を把握しやすく言葉と言葉の関係も把握しやすい方法です。

 

 

脳内の情報をすべて書き出すようなイメージで、

 

頭に思い付いた言葉を書き出していきます。

 

 

紙やノートに書き出してもいいですが、

 

アプリなどもあるので、有効に活用していきましょう。

 

 

・③出てきたテーマをグルーピングし、具体的な企画案を落とし込む

 

 

できたマインドマップを見てみると、

 

様々なキーワードが出されていると思います。

 

 

連想ゲームのように思いついたキーワードを書いていくとその幅が広がりやすくなります。

 

 

マインドマップを具体的なコンテンツ企画に落とし込むためには、

 

収束させる必要があります。

 

 

そのために、

 

キーワードを共通項でまとめていくことをしていきます。

 

 

KJ法」と呼ばれる発想法では、意味や文脈が近いキーワードをまとめていき、

 

小さくまとめてそのグループの名前などを考えていきます。

 

 

そして次に小グループの中で近いものをまとめていって、

 

グループに名前を付けていきます。

 

 

こうしてグルーピングしていくことで、

 

発信したいテーマの中で言及すべきことが整理されます。

 

 

・④「人に話して説明する」イメージで、記事のアウトラインを作成する

 

グルーピングが完了したら、

 

次はアウトラインを作成します。

 

 

アウトラインとは、

 

文章における骨子や構成案となるものです。

 

 

アウトラインの作成時には、

 

「何を書こうとしているのか」を考え、

 

グルーピングした情報をどの順番で伝えるのかを考えます。

 

 

普段の会話の時のように、人に何かを話して説明するときのことをイメージすると、

 

アウトラインを作成しやすいと思います。

 

 

実際に作ったアウトラインを、友人や家族などに伝えて、

 

相手が理解してくれているかを確かめることも有効です。

 

 

もし、伝わりづらいポイントがあれば、

 

よりわかりやすくなるようにアウトラインの修正を行います。

 

 

・⑤「書く」ことのハードルを下げて、まずは書く

 

 

アウトラインを作ったら、

 

次は、「書く」ステップです。

 

 

普段から文章を書いていない人にとって、書くための準備も大切ですが、

 

「書くことのハードルを下げる」ことも大事です。

 

 

そのために有効なのが、

 

「ノンストップ・ライティング」です。

 

とにかく書き続け、書くことが思い浮かばない時ですら、「書くことがない」と記述する、

 

頭に思い浮かぶことをとにかく書き出すことでアイデアをひねり出す方法です。

 

 

書くときに悩んでしまうと、つい筆が止まり、

 

記事を書き上げることが難しくなります。

 

 

まずは書いていくために、「30分間は書き続ける」と決め、

 

作成したアウトラインに沿って文章をひたすら書いてみましょう。

 

 

・⑥文章を書きかげた後、文章のブラッシュアップを行う

 

 

下記の5つのステップを参考に、

 

ブラッシュアップしてみてください。

 

 

削る・・・記事の文字数に合わせて、使わなそうな部分を削る

選ぶ・・・削って残った文章から「ここは絶対に使う!」という部分を選んで抜き出す

並べる・・・選んだ文章を読みやすくなるように並べ替える

繋げる・・・文章としてつながるように、必要な表現を加筆する

整える・・・目安の文字数に収まるように最終調整する

 

 

繰り返し読みながら、

 

文書をブラッシュアップします。

 

読み直す際は少し時間を置いたり、PCで書いた場合は、スマホで文章をチェックしたりすると、

 

文章の誤りに気づきやすくなります。

 

 

・まとめ

 

 

今回は、「伝えたいテーマ」を文章化するための、

 

6つのステップを紹介しました。

 

 

「記事を書く」と考えると、

 

ついハードルが高く設定してしまいがちです。

 

 

文章を作成するプロセスを細かく分解していくと、

 

書くことのハードルを下げられます。

 

 

書いて伝えたいテーマがあるという方は、

 

ぜひ今回の方法を試してみてください。

 

 

また僕のLINE@では、記事ネタやブログでのテクニックなど、

 

今回の記事以外での質問やご相談を募集しています^^

 

是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 こちらLINEの登録になります!

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

 

f:id:tobi-1002:20190303042214p:plain


 

 

f:id:tobi-1002:20190715184330p:plain

結局ネットビジネスは楽しく稼ぐことが大事。

f:id:tobi-1002:20190607143602j:plain



 

 

↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

ども、とびーです!

 

 

「ネットビジネスとかブログってとにかくひたすら記事を更新したり、地味な作業を継続しなきゃいけなくて、辛いんじゃないの?」

 

 

と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

普段パソコンに触る仕事をしているような人であれば慣れているかもしれませんが、そうでもない人だと、

 

とにかくパソコン作業をしてそうなイメージできついんじゃないかと思ってしまいますよね。

 

 

でも実際、ネットビジネスやブログでちゃんと成果が出るようになると、

 

面白いと感じるようになると思います。

 

 

パソコン一台で自分でお金を生み出したり、人に価値を与えることができるので、

 

「初めは大変なイメージだったけど今は楽しい」と思う人も多いです。

f:id:tobi-1002:20181203043647j:plain

 

 

とはいっても、全くの初心者だと何が楽しいのか、

 

何が辛いのかもイメージが付きませんよね。

 

 

そこで今回は、

 

「ネットビジネスの面白いポイント」についてお話ししていきます。

 

 

・ネットビジネスを好きになるポイント

f:id:tobi-1002:20181125085840j:plain

 

 

リアルでビジネスをやろうとすると、どうしても店舗を用意したり、在庫を抱えたりと手間と時間がかかりますが、ネットであれば、

 

ネットに接続できる端末さえもっていればいつでもどこでも仕事をすることができます。

 

 

ネット上には多くの人が集まっているので、SNSなどを活用すれば、

 

瞬時に多くの人にアプローチをすることができます。

 

 

この気軽さが魅力で、

 

仕事の合間にでも片手間でできるため時間の有効活用ができます。

 

 

・自分の好きなことを仕事にできる

 

 

ブログやサイトを作成する際には、

 

自分の好きなジャンルをテーマとして選ぶことができます。

 

 

会社で働いていると、お金を稼ぐことと好きなことを両立させることが難しいとされていますが、

 

ネットビジネスであればそれが実現可能になります。

 

 

自分の好きなことに関する記事を書いていて、

 

それで収益が得られる。

 

 

これほど理想的なものはないですよね。

 

 

でもそれを可能にさせてくれるのがインターネットなのです。

 

 

・自分のやったことに反応が起きる

 

自分のブログやSNSを運用していると、自分の考えに共感してくれる人が
コメントを残してくれたり、

 

「いつも役に立ってます!」という反応がもらえることがあります。

 

そうなるとやりがいが出てきますし、モチベーションにもつながりますよね。

 

 

自分でも人に価値を与えることが、できるようになるんだと感じられるようになると、

 

ネットビジネスが面白くなります。

 

 

もっと反応してもらうためには次はどんなことを書こうかなと、考えるようになってくるとワクワクするようになり、

 

気が付くと記事を書いているようになります。

 

 

そうすると、

 

より収益にもつながるという好循環になります。

f:id:tobi-1002:20181028030735j:plain

 

 

このサイクルが生まれると、


最強になります。

 

 

楽しくて好きでやっているのにお金が入る、

 

これほど素晴らしいことはありません。

 

 

・同じようにやっている仲間がいる

 

 

ブログを書く作業は、

 

孤独なことが多いです。

 

 

一日中カフェや家にこもりっぱなしで、

 

一度も人と話さないということも起こり得ると思います。

 

 

しかし、同じようにブログを書いている仲間が見つかったり、

 

ライバル的な存在が見つかると、お互いを高め合うための努力ができたり、

 

知識を共有できたりして楽しくなります。

 

 

そうした環境を構築しやすいのも、

 

ネットのいいところです。

 

 

・ブログから収益が発生した時

 

 

やっぱり、実際にお金を稼げるようになると、

 

達成感と喜びを感じることができます。

f:id:tobi-1002:20181123190812j:plain

 

 

しかも、会社やアルバイトのように時給で稼いだお金ではなく、

 

0から自分で作ったお金です。

 

 

給料とは全く違った価値を感じると思います。

 

 

そして収益が上がる感覚がつかめると、

 

そこからはやり方がどんどんわかるようになるのでますます楽しくなります。

 

 

・まとめ

 

 

ネットビジネス=誰でも簡単に稼げるという認識を持っていると、

 

意外と多い作業量とのギャップに挫折してしまいます。

f:id:tobi-1002:20181104190141j:plain

 

 

しかし、勉強やスポーツと同じで、やっている最中は大変なことがあっても結果が伴ってくると、

 

「やってよかったな」

 

「頑張ってよかったな」

 

 

という充実感を味わうことができ、

 

面白みを感じることができます。

 

 

ただ、多くの人がその面白さに、


たどり着くまでに辞めてしまいます。

 

 

勉強もスポーツもある程度できるようになってからが楽しいのに、その前に辞めてしまったら、

 

面白いかどうかの判断もできません。

 

これからネットビジネスに取り組む方は、やり続けると面白いものだということを、

 

認識としてもっておき、そのうえで努力をするようにしましょう。

 

 

また僕のLINE@では、フリーランスに必要なマインドセットや各個人に向けた取り組み方など、

 

今回の記事以外での質問やご相談を募集しています^^

 

是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 こちらLINEの登録になります!

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

 

f:id:tobi-1002:20190303042214p:plain

【仕事を辞めたい】と決めた人にまず取り組んでほしい3つの行動

f:id:tobi-1002:20190802122131p:plain

 


↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着10名様に無料でプレゼント中!) 

peraichi.com/landing_pages/…

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 

 

 

 

どうも、とびーです。

 

 

 

最近はブログの読者の方とお話をする機会が多いのですが、一番多かったのが、

 

会社員の方の「仕事を辞めたい」という悩みです。

 

 

今後の給料や年金が心配

 

職場の上司や人間関係にストレスを感じてしまう

 

休日も仕事で家族との時間やプライベートの時間がない

 

 

そもそも生きている実感がない、何のために生きているんだ!?

 

 

このような悩みを抱え、

 

実際に仕事をやめる方向で考えている人も多いです。

 

 

しかし、「辞める」だけなら簡単です。

 

そこからどうやって生計を立てていくのかを想定しないといけません。

 

 

そこで今回は、僕が多くの人と関わってきた経験から、

 

「仕事を辞めたい人がすぐに取るべき3つの行動」についてお話ししていきます。

 

 

 

・仕事を辞める前に取り組むこと

f:id:tobi-1002:20190303160251j:plain

 

 

まず、仕事を辞めたいからと言って、

 

今すぐにやめてしまったらシンプルに生活に困ります。

 

 

なので、仕事を辞めることを前提に、

 

働いているうちから、準備を始めましょう。

 

 

そのうえでまず必要なのは、人間関係や仕事と、

 

自分のプライベートを分けることです。

 

 

会社で働いている限り避けられないものとして、

 

「上司からの飲み会の誘い」があります。

 

 

あなたが仕事をすぐにやめたいのならば、付き合いにけじめをつけて、

 

その時間を勉強や情報収集に使うべきです。

 

 

そのうえでさらにオススメなのは、

 

インターネットで稼ぐ手段を学ぶことです。

f:id:tobi-1002:20190304222748j:plain

 

 

インターネットで稼ぐというと悪い印象を持つ人も中にはいますが、

 

この時代にこれだけ便利なインターネットを活用しない手はありません。

 

 

「ネットで稼ぐ」と一言で言ってもいろんな方法があります。

 

 

転売やせどり、僕のように、ブログ記事やメルマガなど、

 

ネットで文章を書いてそこから発展させる手段もあります。

 

 

他にもいろんな手段があり、人によって向き不向きもあるので、

 

まずはどのようなものがあるのか調べてみることをオススメします。

 

 

基本的に0から収入を得るなら、


「広告費などの初期費用が掛からないもの」を選ばれた方がいいですね。

 

 

 

・副業から始めて、「環境の整備」を行う。

f:id:tobi-1002:20190303154226j:plain

 

 

「これなら自分にもできそうだ!」

 

というものが見つかったら、

 

まずは仕事を辞めずに副業からスタートしましょう。

 

 

最初は本業を辞めずに副業からスタートして、

 

収入の柱を別で作れるようになってから退職するようにしましょう。

 

 

その方がリスクもなく確実です。

 

家族がいる方なら迷惑もかけることはないでしょう。

 

 

ですので、働きながらでも、

 

1日に1~2時間でも作業の時間を作るようにしましょう。

 

 

インターネット上でのビジネスは、

 

失敗のリスクがほとんどありません。

 

 

本業の傍らでも、十分に始めることが可能です。

 

 

・収入源を作ってから仕事を始める

f:id:tobi-1002:20190124184757j:plain

 

 

会社の給料をもらいながらも勉強して、

 

そして副業でスタートします。

 

 

そうしたら、間違いなく、

 

あなたは会社のお給料と別にもう一つ収入源を得ているはずです。

 

 

そしてみんな平均的には、仕事を辞めるタイミングは、


「会社の給料を副業の給料が超えたとき」にしています。

 

 

これは自分で収入を作れるようになったら自由に決められることです。

 

 

・まとめ

 

 

僕が大事に思っていることは、


まず「自分で稼ぐ」という選択肢を持つことです。

 

 

それだけ綺麗事を言っても、

 

「すべてのことにお金は必要」です。

 

 

仕事を辞めたいと思ってしまうというのは、職場の人間関係だったり、

 

自分の人生に満足できていないことにあると思います。

 

 

なので、たとえ転職したとしても、最初は新しさから、楽しいと思えるかもしれませんが、

 

またすぐに「仕事を辞めたい」と思ってしまうのではないでしょうか?

 

 

しっかりと今の現状を把握して、

 

自分の未来を考えていきましょう!

 

 

また僕のLINE@では、ネットビジネスの基礎、まず「何を」していくのかなどの相談もしています。

 

今回の記事以外での質問やご相談を募集しています^^

 

是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 こちらLINEの登録になります!

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

 

f:id:tobi-1002:20190303042214p:plain


 

f:id:tobi-1002:20190715184330p:plain

 

 

初心者必見!「ネットビジネスでうまくいかない人の7つの特徴」

f:id:tobi-1002:20190605143010j:plain



 

↓終わりを告げるコピーライティング術↓

(先着20名様に無料でプレゼント中) 

peraichi.com/landing_pages/…

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20190524140937j:plain

 


ども、とびーです。

 

 

SNSなどを通して相談を聞いていると、

 

ネットビジネスでうまくいかないという人は多いです。

 

 

誰でも楽に稼げるというのはありませんが、そのようにうまくいかない人が多くいる中で、

 

経済的余裕を手に入れる人がいるのも紛れもない事実です。

 

 

何か月、何年とやってもうまくいかない人もいれば、

 

たった数か月で結果を出す人もいるのです。

 

 

ではその差はどこにあるのでしょうか?

 

 

そこで今回は、

 

「ネットビジネスでうまくいかない人の特徴」をお伝えします。

 

 

今回の記事を読むことで、

 

あなたはスムーズに収益化に取り組めることができます。

 

 

逆に記事を読まなければ、

 

あなたはうまくいかない悩みに振り回されて収益化にたどり着けないでしょう。

 

 

是非今回の記事であなたの悩みを解決してください!

 

 

・技術的な改善を行なっていない

f:id:tobi-1002:20190303154226j:plain

 

ネットビジネスでうまくいかない人や、ネットビジネスを始めて辞める人の理由の多くは、

 

「自分には才能がない」

 

という理由で途中で離脱してしまう人が多いです。

 

 

どの分野でも同じですが初めは誰でも初心者です。

 

 

大切なのはセンスや才能ではなく、

 

技術的な反省ポイントを見つけて改善することです。

 

 

うまくいかないのはあなたのセンスがないわけではなく、

 

技術が不足しているだけなのです。

 

 

技術的に足りない部分を明確にしていき、

 

そこに対して常に改善をしていきましょう。

 

 

完全なビジネスなどはなく、

 

常に改善するべきポイントは見つかるはずです。

 

 

 

・自信や責任がない

f:id:tobi-1002:20181223035739j:plain

 

うまくいかない人は自分に自信がない人が多いです。

 

 

成功する人は必ずと言っていいほど、

 

自信に満ち溢れています。

 

 

「副業としてできたら月5万円でも稼げたらいいなぁ…」

 

といった自信だとうまくいかなくなった時に、

 

「やっぱり自分には無理だったんだ…」

 

と諦めてしまいやすくなります。

 

 

副業ではあるかもしれませんが、ビジネスと名がついているように、

 

仕事としてある程度本気で取り組まないと上手くいきません。

 

 

うまくいく人は必ずと言っていいほど、

 

根拠のない自信を持っているものです。

 

自分にはできる

 

自分も収入を得ていい

 

といった自信を持つと同時に、

 

仕事として責任感をもって取り組むことが必要です。

 

 

・目標と計画を

f:id:tobi-1002:20190303160251j:plain

 

 

  • いつまでに収益を上げるのか
  • どのくらいの収益を目指すのか
  • そのために一日どのくらい作業するのか
  • どのような記事を書くためにどんな準備をするのか

 

 

うまくいかない人ほとんどの人が、会社であったり仕事では目標や計画を立てているはずなのに、

 

副業になると無計画にやってしまいがちです。

 

 

誰でも手軽にできるといっても結局はビジネスです。

 

 

パソコンに向かってから何をするかを決めるようだと、

 

ネタも思いつかなくなりますし続かなくなります。

 

 

自分の目指すべきところ、やるべき理由やいつまでに何を達成するかを決めない限り、

 

ダラダラといつまでも収益を達成することはできません。

 

 

・修正しない、できない

f:id:tobi-1002:20190303160634j:plain

 

 

ネットビジネスでうまくいかない人は、

  • 本やネットを調べてとにかく知識量を増やしている
  • ひたすら記事を書いている
  • 作業量でなんとかなると思っている
  • 定期的なリライトはしない

 

という人が多いです。

 

実際にできるようになるためには、

 

修正が最重要です。

 

 

知識をつけてそのうえで実践したことに対して、

 

合っているのか反省したり修正することが必要です。

 

 

しかし独学でやっていると、そもそもどこが修正ポイントなのかがわからなかったり、

 

初心者のうちはあっているか間違っているかの判断基準がありません。

 

 

そのようなやり方では成長せずうまくはなりませんよね。

 

 

まずは正しい判断基準を持ち、

 

修正を加えてくれる人関わりを持つことから始めていきましょう。

 

 

 

・自分には自分のやり方があると思ってしまう

f:id:tobi-1002:20181215034712j:plain

 

 

ネットビジネスでうまくいかない人の多くは、

 

自己流でやってしまいます。

 

 

たしかに世の中に知識や情報はあふれるほどあるので、自分で検索して学ぶことはできますが、

 

逆に情報量が多すぎてそこから情報の選択をしなければいけません。

 

 

その判断基準を持たないまま、「自分にはこれがあっている」と思うやり方で,


やってしまうので間違った方向に進む人が多くなってしまいます。

 

 

ビジネスで結果を出すためには初めは真似ることが大事です。

 

 

うまくいっているものには必ず理由があり、まずは真似から入って、

 

うまくいっている理由をなんとなくでも理解することから始めていきましょう。

 

 

・すぐに稼げると思っている

f:id:tobi-1002:20181204053515j:plain

 

 

ネットビジネスは簡単に参入できてしまうため、

 

ビジネスとしての意識が低くなりがちです。

 

 

会社で働くのと比べると、効率でかつ、簡単に稼げるというのは間違ってはいませんが、

 

だからといって簡単に稼げると勘違いしてしまっている人が多いです。

 

 

世の中、楽にお金が手に入るほど甘くはありません。

 

 

最終的に自動化することができるので、たしかに楽に稼ぐことも可能ではありますが、

 

そこまでいたるのにはある程度の努力が必要です。

 

 

多くの人ができない努力をやるからこそ、

 

圧倒的な収入が手に入るのです。

 

 

・マインドよりもノウハウのが大事だと思っている

f:id:tobi-1002:20181123190644j:plain

 

知識ばかりを重視して、

 

いわゆる「ノウハウコレクター」になってしまう人も多くいます。

 

 

しかし、「知っている」と「できる」は全く別物で、

 

できるようになるためにはノウハウよりも考え方や取り組み方が大切です。

 

 

そこに気づけずに、

 

ノウハウばかり集めているうちは結果はついてきません。

 

 

技術的なスキルももちろん必要ですが、

 

うまくいっている人の考え方やマインドを学ぶことから始めていきましょう。

 

 

・まとめ

 

 

今回はネットビジネスで、


うまくいかない人の特徴についてお話ししました。

 

 

ネットビジネスは継続や努力次第で誰でも結果が出せるビジネスですが、

 

取り組み方や考え方で間違った行動をしている人が多いです。

 

 

もしうまくいかない人の特徴に当てはまった場合は、自分自身の取り組み方を見直して、

 

まずは、自分の考えを捨てて素直に取り組んでいきましょう。

 

 

うまくいくやり方を学んで、

 

今よりもより充実した生活を手に入れるために努力していきましょう。

 

 

今回は私からあなたに向けた、

 

簡単なワークをお伝えいたしします!

 

 

自分の今の現状をしっかり受け止める

 

自分が記事の中でできていないものを3つ以上見つける

 

自分よりできている人3人以上に話を聞く

 

 

是非試してみてください!

 

 

また僕のLINE@では、ネットビジネスに必要なマインドセットや各個人に向けた取り組み方など、

 

今回の記事以外での質問やご相談を募集しています^^

 

是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 こちらLINEの登録になります!

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

 

f:id:tobi-1002:20190303042214p:plain


 

f:id:tobi-1002:20190715184330p:plain